レッスン再開の神戸No.1ゴルフスクール「ゴルフィード」。
いや~、雨も蒸し暑さも関係なし、快適快適。

というわけで、いつものように、アプローチから7番アイアンの練習を。

ところが、この日はシャンク連発。
いや、実際コース回った時にも、よくあって、これで結構叩くんです。

馬田コーチから
「ん?ちょっとグリップが変になってますね~。」
とご指摘いただきました。

手と、クラブの角度がこんな感じになってたみたいです。

手とクラブがほぼ90度になるように持つのが正解だそうです。

こうするだけで、構えも

こんな感じから

こんな感じへ。
いつも構えている風景も違ってきました。

自分ではうまく説明できないので、馬田コーチから説明メッセージをもらいましたので、そのまま掲載します。参考にしてください。

お疲れ様でした!
コックを入れてヘッドを走らせて飛距離を伸ばす為に、
グリップを手のひらで握ってハンドアップではなく
グリップを指で握ってハンドダウンにしてコックの量を増やしてヘッドスピードを上げました😉
それによりローテーションしやすくなりボールが捕まるようになって飛距離も伸びました✨