ゴルフを始めて早4年。にもかかわらず未だにコースでは150台を叩き出す迷ゴルファーのブラボーしろう。
毎週ひとつだけアドバイスをこなしながら、亀のように上達していく様子をお届けする「脱150ゴルフ」。

そんな問題児の面倒を見ていただけるのは、神戸No.1ゴルフスクールのゴルフィードさん。

20ヤードに慣れてきた

ウォーミングアップは、いつも20ヤードのアプローチ。
なんか、慣れてきたぞ。週一の練習でも凄いもんやな~。

気をつけてるのは、「ハンドファースト」と「クラブのライ角」のみ。
それでも、やや左に行きがちですが、今までもブラボーからすれば、ぜんぜん許容範囲。
今まで、グリーン手前で行ったり来たりで、5打くらい打ってる時もざらやったもんな~。成長、成長。

打ちそこないの原因

7番アイアンに持ち替えて、150ヤードを目指す練習。
気をつけるのは、「ハンドファースト」「コック」「インサイドアウト」。3つも同時に意識できるようになってきたぞ!!!

調子よく当たれば、そこそこ飛ぶようになってきたが、前から気になってたことがある。
時々、打った瞬間のとんでもなく右に飛んでいく。
いや、そりゃもう半端なく。
一度、ティーショットで隣のホールのグリーンに乗せちゃったことがある。
それを馬田コーチに相談してみた。
右に飛んじゃう時は、クラブを振り上げた時に、こんな感じになってるらしい。

正解はこう。

今まで、このミスショットだけで、10打は叩いてたような気がする。
これがなくなるだけで、スコアが10伸びるんじゃないの!?

ユーティリティー???

そして、今日は新しいクラブの登場だ!!
「ユーティリティー」
ドライバーで200ヤード以上。
7番アイアンで150ヤード。
その中間くらいの180ヤードくらいを打つやつらしい。

ユーティリティ (Utility) は、英単語で、「役に立つもの」「有用性」「効用」「公益」などの意味。

だそうです。なるほど役に立ちそうだ。

7番アイアンで、ちゃんと打てたら基本的にちゃんと打てるらしい。
7番アイアンが真正面にボールがあるとしたら、ユーティリティーではボール1個分くらい左に置いているイメージらしい。
打ってみた。

おっ!!気持ちいいいぞ!!
ただ、どうやら力みすぎると、駄目なようだ。
振り上げた時のイメージをキープしたら、軽い気持ちでクラブを振り下ろす感じ。力任せに打たんでもええんやな。

うまく当たれば180ヤードを超えるようだ。
あとは、確率をあげるだけやな。
この確率を上げるために練習するんやな。←今さら何を!?
ほんとは、こんくらい練習してからコースデビューするんやろね。
あっ、そうそう、ゴルフィードさんでこんなん見つけました。

ちょっと、練習の成果を試してみたいな。
ちょっと気になるのが、「ドラーバー?」。